スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

SEOとはVol.2

カテゴリー: SEO

前回の続きで今回はテキスト文字を有効に利用する方法です。

皆さんは検索エンジンで検索結果が表示された際に、どんなページをクリックしていますか?恐らく、自分の検索したキーワードと同じまたは関連性の高いページタイトルのついたページではないでしょうか?
検索ロボットは良く出来ていて、皆さんの特性を理解した上で、検索結果に誰もがクリックしそうな、有効な結果を表示させます。ということは、
ホームページのタイトル=IEなどのブラウザの左上に書いてある名前の部分
これはとても有効なキーワードだということです。ネットショップであれば、「○○ショップ」という名前でページタイトルをつけるよりも、扱っている商品の名前でタイトルをつけたほうがアクセス数は伸びるかも知れません。(知名度のある店名であれば別ですが。)
そしてキーワードとして選ぶべき言葉ですが、あまりに一般的だと検索結果の上位で表示されるのは大変難しいです。
なぜなら、誰もが検索結果の上位に表示されていればアクセスアップに繋がることを知っているので、一般的な言葉は既に先駆者たちがSEO対策で凌ぎを削りあい、いきなり新規参入しても上位に表示されるのは大変困難だからです。
例えば、私も仕事上で不動産の業者から、「グーグルで不動産という言葉でSEOをしてくれ。」といわれることがありますが、お試し頂ければ分かるかと思いますが、グーグルで「不動産」と検索すると、検索結果には200万件以上のヒットがあります。その上位に位置しているサイトはどこも不動産大手のポータル系サイトだったり、大手会社のサイトだったりします。

では、新しく参入したい場合はどうすれば良いのか、ということですが、確かに一般的な言葉でも、莫大な費用をかけてSEO対策を施せば上位に表示されるかも知れません。
しかし、そんなことは誰も保証できませんし、現実的ではないでしょう。そこで、私がお勧めするのは、検索してもらいたいキーワードを幾つかに分けることです。
先ほどの「不動産」ということばに「埼玉」「与野」という地名を絞ったキーワードを入れて検索すると、検索結果が6,000件程度まで下がります。6,000件であれば、頑張れば上位に表示されるかも知れませんね。その言葉に絞って、キーワードを選べばよいということです。

また、検索エンジンを多く利用するユーザーはキーワードをより絞って、2~3単語に分けて検索することが多いのです。なぜなら、キーワードを絞ることによって、より自分の知りたい情報を得られる確率が上がることを彼らは知っているからです。そんなユーザーのニーズにも応えるために、是非想定するテキスト文字のキーワードを幾つかに絞ることをお勧めします。

次回はキーワードを絞った後のページの作り方を書いてみたいと思います。


ブログランキングに参加してみたので、応援いただける方はポチっとお願いします。゚(゚´Д`゚)゚。
2005/08/30(火) 10:52 | trackback(0) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://457515.blog17.fc2.com/tb.php/21-e66fabcc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。