スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

アドワーズ広告とオーバチュア広告の違い

カテゴリー: GoogleAdSense

自社のネット広告を再び始めることになった。今回はオーバチュア広告にも掲載すると言う事で、その違いをまとめて、その効果の違いも検証していきたい。

先ずおさらい。
アドワーズ広告とオーバチュア広告は共にPPC広告と言われる種類の広告。
PPC広告とは Pay Per Click の頭文字を取ったもので要するにクリック課金型の広告と言う事だ。

アドワーズ広告はGoogleの検索結果が表示された時にスポンサーサイトとし表示され、また、グーグルのパートナーサイトに広く掲載される。アドワーズ広告の中でパートナーサイトに掲載される広告の事をAdSense(アドセンス)と言い、当サイトの右側にある縦長な広告のことだ。サイトオーナーにはありがたい、1クリックで数十円~数百円の報酬をもらえる。逆を返せば、広告主はそれだけの費用を叩いて広告を払っていると言う事になる。

今回自社で新たにオーバチュア広告を出す事になったが、オーバチュア広告は主にYahoo!Japanの検索結果やディレクトリ内で表示され、アドワーズと同じ様に、オーバチュア広告のパートナーサイトにも広告が掲載される。

この二つの広告が現在日本で一般的で有名なクリック課金型広告だ。

二つの広告の違いは、主に配信される場所がそれぞれ、GoogleとYahooという2大検索エンジンに分かれている事と、アドワーズ広告のユニークな順位設定方法にあるだろう。

オーバチュア広告は単純に入札した金額で掲載順位が決まり、より高い金額を各キーワード毎に設定した広告主の広告が高い順位に表示される事になる。やってみて驚いたのは、その金額の高さ。
自社の業種で有効なキーワードともなると、600円以上の単価を設定している会社も少なくない。薄利多売を旨とするうちの会社では考えられない金額だ・・・。

アドワーズ広告はオーバチュア広告と少し違い、品質スコアと言う、ユニークな採点方式を採用している。この品質スコアと言うものと、設定した単価を合わせて検索順位を決定する。
品質スコアとは、広告自体の有効性みたいなもので、広告のクリック率やキーワードマッチ度などをアドワーズが独自の方式で採点され決定される。広告主は採点の結果が余り分からないので、役に立っているのかと言ったら不明だが、理論上は他の広告より品質スコアが良ければ、同じ金額で入札しても、高い順位で広告が表示される事になる。
しかし、実際はアドワーズもオーバチュアと同じ様に高い単価を設定させれば、高い順位に広告が掲載される事になる。

二つの広告に掲載してみて数日様子を見てみた感想・・・
●オーバチュア広告は広告を露出させるための単価が高騰しているため、中小・零細企業には少し厳しい広告だと思う。

●アドワーズ広告はアドセンスにターゲットを絞れば、かなりの広告を配信できるため、アクセスアップには効果的。また、キーワードごとの単価も総じてオーバチュアよりは安くても高い順位に掲載できる。

今月は1ヶ月効果測定をして、どちらの広告がより有効かを見極めて行かなくてはいけない。

・・・だらだら書いたら、凄い駄文が出来ましたとさ・
スポンサーサイト
2006/03/05(日) 06:23 | trackback(0) | comment(3)

Google AdSenseで稼ごう

カテゴリー: GoogleAdSense

当サイトでも何度か紹介していますが、GoogleAdSenseについて、簡単にまとめてみたいと思います。
read more...
2005/10/25(火) 15:24 | trackback(0) | comment(4)

Google AdSenseが熱い?

カテゴリー: GoogleAdSense

何度か当サイトでも紹介している「Google AdSense」だが、今大きな変化が起こっているようです。(情報としては8月の情報ですが)

Google AdSenseではGoogle Adwords」で出展されている広告が表示されていますが、その「Google Adwords」が8月16日から新システム「QbB」(Quality-based Bidding)を採用しているとの事です。
内容は・・・
今までアドワーズでは、広告掲載の順位をつける際に、
入札価格+クリック率
を基に表示順を決めていましたが、今度の新しいシステムではクリック率に変わり「品質スコア」という概念を追加しました。

「品質スコア」とは、「CTR(キーワードのクリック率)+広告テキストの関連性+キーワードの過去の掲載結果+その他の関連性に関する要因に基づいて算出される、ユーザーにとってどれだけ重要であるかを示したランクのようなものである。」(ヤフーニュースより抜粋)

とされています。
これにより、最低入札価格というのも品質スコアに依存するようになりました。今まで最低入札価格は1クリック一律7円からでしたが、入札したいキーワードの品質スコアが高ければ1円からでも入札できるそうです。
逆に、品質スコアが低ければ今まで7円で入札できたものが出来なく7円では広告を出せなくなる事もあるようです。
検索エンジンを利用し、広告をクリックするユーザーにとっては、より質の高い記事が表示されやすいという事で歓迎すべきシステムですが、広告主にしてみれば色々と改善を迫られる、若しくは広告費用が上がるなど、苦しい事が多いかも知れません。
どちらにしても、アドセンス広告を自サイトで掲載している私たちにとっては、これは歓迎すべきことでしょう。
今まではクリック率があまりにも低いと、そのキーワードで広告を打てなくなっていたアドワーズ広告ですが、今後は入札価格さえ上げれば品質スコアを上げれるので、入札価格の高騰が起こりそうだからです。

どのキーワードが高いかはちょっと分かりませんが、アドセンス広告だけで結構な額の報酬をもらえるようになるかも知れませんね。
2005/09/08(木) 20:54 | trackback(0) | comment(0)

Google AdSense

カテゴリー: GoogleAdSense

最近サイトコンテンツ拡充のため、いい加減な商品紹介記事ばかり書いて収益が落ち込んでいる際に、毎日着実に成果を上げてくれるのがグーグルが提供している「GoogleAdSense 」だ。

当サイトの右側にある、縦長のテキスト広告がそれで、アフィリエイト広告ではないが、色々な種類の記事が掲載される。

GoogleAdSenseの特徴
  • クリック課金方式である。

  • 1クリック当たりの報酬が大きい。

  • ページの内容に合わせて掲載される広告が変わる。


  • Google AdSenseは俗に言う「PPC(Pay Per Click)型広告」で広告はGoogleが提供している「Google Adwords」で広告を出しているものの中から、そのページにふさわしいものが自動的に掲載させている。
    これと同じようなタイプで有名なものにYahooなどでよく目にする「Overture」がある。どちらも広告主が自分で1クリック毎の単価を設定できるのだが、設定するキーワードによっては1クリック数百円の設定のものもあるため、その広告をクリックされた際に自サイトに払われる報酬もジャンルによってはかなり破格だ。
    また、クリックするユーザーはクリックしても金を取られる訳ではないので、興味のある広告があれば気軽に押してくれるのも強みだ。

    リードメールやメールマガジンなど、懸賞系の紹介収入に頼るよりも、沢山新鮮な記事を書いてAdSenseで収入を得たほうが効率は良いかも知れない。

    簡単な登録審査があるが、サイトが稼動していれば大体通るのし、テンプレートにソースを埋め込めば常に広告が表示され、記事が変わるたびに広告内容も自動的に変化してくれるので、使い勝手が大変良い。

    尚、「ネガティブキーワード」なるものが有り、Googleの定める規定で禁止されている言葉がページ内に記載されていると広告が表示されない場合があるようだ。
    簡単に始められるので、興味のある方は是非お試しください♪
    2005/09/05(月) 14:10 | trackback(0) | comment(2)
    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。